キミをプロデュース~Miracle Love Beat~ (オリジナル・バージョン) DVD-SET1

キミをプロデュース~Miracle Love Beat~ (オリジナル・バージョン) DVD-SET1

4755円

キミをプロデュース~Miracle Love Beat~ (オリジナル・バージョン) DVD-SET1

キミをプロデュース~Miracle Love Beat~ (オリジナル・バージョン) DVD-SET1:彼らのダイナミズムと焦点は、私たちを主要なブランド、私たちの世界、そしてそれを超えた新しい市場へと駆り立てました。 CSで見ています。久しぶりにハマり、結末が待ち切れず某有料動画サイトで結末まで見てしまいました。全26回なので途中、中だるみしてしまった感は否めないけど、全体的には本当に面白いドラマだと思います。ライトなラブコメが好きな方や華流ドラマ初心者の方にも、本当にお勧めです。軽くあらすじを話すと、(ネタバレのない程度に…)主人公であるウェイジェン(キミ・シア)は、昔は天才子役などと騒がれたけれど、今では鳴かず飛ばずの日々。でも、とても前向きな性格で、常に笑顔がトレードマークのような優しい女の子。もう一人の主人公シューユー(クリス・ウー)は、天才プロデューサー。恋人であるジアシンを歌姫にまでにした。性格は、クール。こうだと決めたら、ほかの意見が耳に入らない頑固者。なので周りとの対立も多い。恋人のジアシンでさえも、息苦しいように見える。ウェイジェンとシューユーはとある事件(盗作事件)から出会うことになるのですが、クールなはずのシューユーがウェイジェンに振り回されっぱなし。ペースを乱され、シューユーも最初はとても迷惑そうなのですが、途中からウェイジェンに対しての見方が変わってきて…。ドラマを端的に言ってしまうと、台湾(華流)ドラマのラブコメの定番。といった感じのドラマです。台湾の音楽業界ってこんな感じなのかな?と想像させてくれたりして面白かったです。もちろんラブコメですから、ウェイジェンとシューユーの恋の行方や、後半戦に向けて、リーダーとジアシンの性格はどこまで曲がっていてしまうのかな?というのも気になるところです。ドラマに出演されている俳優さん達の演技力が良いというのもあるし、登場人物たちの性格が、極端に悪いわけでもなく、一部の方はある理由から、ちょっとおかしい方向に行ってしまったりするだけで、それぞれに対し、感情移入がしやすいところも少しはあると思います。それが良かったかも。(私はジアシンには、ちょっと感情移入できなかったですけど…)私のお財布に余裕ができたら、購入したいDVDの一つです。お見舞い,超激安,[ギフト/プレゼント/ご褒美]キミをプロデュース~Miracle Love Beat~ (オリジナル・バージョン) DVD-SET1

商品の説明

内容紹介

「秋のコンチェルト」クリス・ウー×「シンデレラの法則」キミ・シア
音楽ギョーカイを舞台に、きらめきのミラクルが降り注ぐ、恋と夢のシンデレラ・ラブコメディ

奇跡のメロディーであなたをロック音(オン)♪

●「秋のコンチェルト」クリス・ウー×「シンデレラの法則」キミ・シア。今、最注目の2大人気スターが共演!
「秋のコンチェルト」「カノジョの恋の秘密」などで日本でもファン急増中のイケメン俳優クリス・ウー。
台湾映画界でも数々の新人賞、主演男優賞に輝くなど活躍著しい彼が、ツンデレの音楽プロデューサーをクールに好演し、自ら歌声も披露!
ヒロインを演じるキミ・シアは、「シンデレラの法則」でジョー・チェンのルームメイト役で注目され、
さらに台湾で大ヒットを記録した「祝宴! シェフ」では、トニー・ヤン(「イタズラな恋愛白書Part2~Looking For Happiness~」と主演を務め、
その爽やかな存在感を印象づけた。本作での頑張るヒロインぶりには、思わず応援したくなるはず!
さらに後半になるにつれ美しく洗練されていく“マイ・フェア・レディ"的変身も見どころ!
●「最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~」「美男lt;イケメンgt;ですね」をはじめ、芸能界を舞台に描くラブコメは人気の鉄板ジャンル!
ゴージャスでセレブ感たっぷりの芸能界や音楽界を舞台にしたドラマは、「最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~」「美男lt;イケメンgt;ですね」「ドリームハイ」など
大ヒット作が続発。華やかな話題に包まれるセレブな世界の裏側や、スターを夢見る若者たちの愛と友情のドラマなどが描かれ、常にNo.1の人気鉄板ジャンル!
そんな中に登場した本作は、台湾ドラマならではのキラキラとまぶしい魅力が加味され、新たな人気を呼ぶのは間違いない!
●主題歌はMaydayが担当! ドラマの楽しさを盛り上げるC-POPの音楽にも注目!
台湾グラミー賞(金曲奨)最優秀楽団賞を4回に渡って獲得、日本でもメジャーデビューして人気を誇るMayday(五月天)。
このアジアを代表する人気ロックバンドがオープニング曲や挿入曲の数々を担当。またMayday所属の台湾のレコード会社の全面協力により音楽的クオリティが高まり、
ドラマの説得力アップに貢献している。さらに嚴爵(イェン・ジュエ)、丁?(ディンダン)、李?(ココ・リー)などが特別出演、C-POPファンには見逃さない!


第1話~第8話

【ストーリー】
人気子役として過去に活躍したウェイジェン(キミ・シア)は、今は鳴かず飛ばずで厳しい母親に尻を叩かれてはオーディションを受ける毎日だった。
一方、音楽プロデューサーのシューユー(クリス・ウー)は、バンド仲間だったジアシンを人気歌手に育て上げ、恋人でもあった。
ある日、ウェイジェンはオーディションの場でシューユーと出会う。彼は特別彼女のことを気にしていなかったが、
後日、ウェイジェンの亡き父親が作曲した曲をジアシンが盗作したことで再会。事を大きくしないためにシューユーはウェイジェンをプロダクションで雇う事に…。
ひたむきに、一生懸命働くウェイジェンを見ているうちに、いつしかシューユーは彼女の存在が気になり出し…。

【キャスト】
クリス・ウー「秋のコンチェルト」
キミ・シア「シンデレラの法則」『祝宴シェフ』
リー・チェンイン(「巷弄裡的那家書店」)
ニータ・レイ「幸せが聴こえる」『GF*BF』

【特典】
クリス・ウー インタビュー
日本版予告編(予定)

リーフレット(4P)

■製作:2014年 台湾
■Disc枚数:4
■画面サイズ:16:9 HD・サイズ
■収録時間:560分

(C) 2014 TVBS Inc. All Rights Reserved.

※映像特典、商品仕様、ジャケット写真などは予告無く変更となる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『秋のコンチェルト』のクリス・ウー、『シンデレラの法則』のキミ・シア共演によるシンデレラ・ラブコメディのセット第1弾。冴えないD級歌手・ウェイジェンと、超売れっ子のイケメン音楽プロデューサー・シューユーの恋を描く。第1話から第8話を収録。

さあ、一人旅(ひとり旅)に出よう!

「一人旅に出てみようかな。」

「一人旅って楽しいの?」

「でもしたことないし、不安・・・」

「一人だと寂しいし、つまんなそうだなぁ・・・」

一人旅について、こんな思いを持ったことはありませんか。

一人旅を考えるきっかけは人それぞれ。ですが、一人旅を思う時、そこには

「一人旅を通して実現したい何か」
「一人旅を、何かのきっかけにしたい」

という思いがきっとあるはずです。

そしてそれは、あなたが「何か満たされないもの」であったり、「何か求めているもの」を持っていて、そんなあなたの中にある「足りない何か」をひとり旅に知らず知らずのうちに求めているのかもしれません。

そんなひとりひとりの思いを大切にし、誰もがその人なりの一人旅に出ることを実現する-。

そして、一人旅があなたの人生を豊かにする助けになれば。

そんな思いを胸に活動を続けています。

キミをプロデュース~Miracle Love Beat~ (オリジナル・バージョン) DVD-SET1

キミをプロデュース~Miracle Love Beat~ (オリジナル・バージョン) DVD-SET1

キミをプロデュース~Miracle Love Beat~ (オリジナル・バージョン) DVD-SET1:彼らのダイナミズムと焦点は、私たちを主要なブランド、私たちの世界、そしてそれを超えた新しい市場へと駆り立てました。 CSで見ています。久しぶりにハマり、結末が待ち切れず某有料動画サイトで結末まで見てしまいました。全26回なので途中、中だるみしてしまった感は否めないけど、全体的には本当に面白いドラマだと思います。ライトなラブコメが好きな方や華流ドラマ初心者の方にも、本当にお勧めです。軽くあらすじを話すと、(ネタバレのない程度に…)主人公であるウェイジェン(キミ・シア)は、昔は天才子役などと騒がれたけれど、今では鳴かず飛ばずの日々。でも、とても前向きな性格で、常に笑顔がトレードマークのような優しい女の子。もう一人の主人公シューユー(クリス・ウー)は、天才プロデューサー。恋人であるジアシンを歌姫にまでにした。性格は、クール。こうだと決めたら、ほかの意見が耳に入らない頑固者。なので周りとの対立も多い。恋人のジアシンでさえも、息苦しいように見える。ウェイジェンとシューユーはとある事件(盗作事件)から出会うことになるのですが、クールなはずのシューユーがウェイジェンに振り回されっぱなし。ペースを乱され、シューユーも最初はとても迷惑そうなのですが、途中からウェイジェンに対しての見方が変わってきて…。ドラマを端的に言ってしまうと、台湾(華流)ドラマのラブコメの定番。といった感じのドラマです。台湾の音楽業界ってこんな感じなのかな?と想像させてくれたりして面白かったです。もちろんラブコメですから、ウェイジェンとシューユーの恋の行方や、後半戦に向けて、リーダーとジアシンの性格はどこまで曲がっていてしまうのかな?というのも気になるところです。ドラマに出演されている俳優さん達の演技力が良いというのもあるし、登場人物たちの性格が、極端に悪いわけでもなく、一部の方はある理由から、ちょっとおかしい方向に行ってしまったりするだけで、それぞれに対し、感情移入がしやすいところも少しはあると思います。それが良かったかも。(私はジアシンには、ちょっと感情移入できなかったですけど…)私のお財布に余裕ができたら、購入したいDVDの一つです。お見舞い,超激安,[ギフト/プレゼント/ご褒美]キミをプロデュース~Miracle Love Beat~ (オリジナル・バージョン) DVD-SET1