マーティン・チャズルウィット (トールケース) [DVD]

マーティン・チャズルウィット (トールケース) [DVD]:彼らのダイナミズムと焦点は、私たちを主要なブランド、私たちの世界、そしてそれを超えた新しい市場へと駆り立てました。 ディケンズ小説の中で好きなキャラクターを5人上げるとしたら、『マーティン・チャズルウィット』のトム・ピンチ君が絶対に入ります。もうこんなにいいやつはいないです。毎日の生活を送る中で、ときどき「こんなときトム・ピンチならどんなことを言うだろう?」なんて考えてしまう。不条理な現実世界に差し込む一筋の光のような善人(頭もツルピカ!)。『マーティン・チャズルウィット』はディケンズが31~32歳のころに雑誌連載していた作品。本を読むのが面倒な人はこのBBCのドラマがお薦め。知名度が低い作品だけれど、私的には有名な『二都物語』とか『大いなる遺産』などよりもずっと好きです。胸が張り裂けそうなラストシーンで、耳から入る英語と、目で読む字幕がズレまくって少し混乱した。すごく気に入ったし、ほかにも気になる方がいるかと思うので、字に起こしてみました。もうこのせりふでトムに恋に落ちました。字幕:「だが僕は悲劇の主人公を気取るつもりはない。同情などまっぴらだ。潔く定めにしたがう。それが正義だ」せりふ:「As if I were a character in a book, and you make it a kind of poetical justice that I should, by some impossible means or other, come, at last, to marry the person that I love, but there is a much higher justice than poetical justice, my dear. I don't grieve the impossible.(僕が物語の登場人物だとしたら、善行にはふさわしい報いがあるべきだと君は考えるだろうね。現実的にはありえないような報いが。最終的に愛する人と結婚するとか。でもそんなロマンティックな報いよりも高尚な報いがあるんだ。僕は不可能なことを嘆き悲しんだりはしない。)」[宅送],海外,商いマーティン・チャズルウィット (トールケース) [DVD]